[REQ_ERR: OPERATION_TIMEDOUT] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 神津島キャンプ!!!(二年ぶり三回目) – 毛ダルマ父さんの日記帳
神津島キャンプ!!!(二年ぶり三回目)
10月1日,2018
神津島キャンプ!!!(二年ぶり三回目)

おはようございます☀

なんだかんだで夏休みモードの研究室、彼女の長期休暇に合わせて島に行こうとゆうことで!!

神津島(三回目)に行きました☻気に入ると同じところばかり行ってしまう。

もうすこし時間的、金銭的に余裕ができたらいろんな島に行ってみよう☻

簡単なまとめ動画

では日記スタート

日程・計画

日曜からから木曜日の5連休を作ったので、夢の4泊五日と行きたいところですが、さすがに木曜に帰宅して次の日仕事とかはさすがに彼女がきつそう(下田から自宅まで350km程)なので、水曜日帰宅にしようかと思ったのですが、なんと水曜日は船が出ていない!!!なんてこった!!!!

というわけでやむなく日、月、火の二泊三日に決定。

今回行きたいのは、まずは赤崎!前回行かなかった&お魚と優雅に泳ぎたい。

そしてなんといっても魚突きがしたい、長浜に行かなくちゃ!二年前との大きな違いは、銛を使うようになったところ!

もちろん釣りもしなければ!前浜港かな?前シマアジ釣れたし。

テントは沢尻湾のキャンプ場にしようか、それならキャンプ場前でも泳ぎたいな。

温泉も行っときたい。

あれ、時間たりないんじゃね(笑)

とか思いながら船上を満喫しました。

到着~

この日は多幸湾に到着。

久々の旅行間に喜びがあふれ出る。普段の研究室とのギャップで自律神経乱れる。

市営バスに乗せてもらいましたが、たぶんシーズン真っただ中だったら、この荷物の多さだとバスは断られていたかも、、。ありがとう運転手さん。
乗り換えのバスを待つ時間も惜しく前浜港からキャンプ場までは歩き。雨予報でしたがなんか晴れてくれて、うれし泣き。(情緒不安定)
キャンプ場に到着!
次のバスで赤崎まで行きたいので15分でテント立てて荷物整えなくてはいけない!焦る!
何とか間に合い安堵

赤崎へ

ここまでは計画通り!バスに揺られて赤崎遊歩道へ向かう!

ついたぜ遊歩道!!

三年前と同じアングルで☻

さあ、ここら辺から計画からだっせんしはじめる、、、。

当初の予定では、優雅にお魚と泳ぐ。

まあとりあえず泳ぐ。(飛び込む)

回遊魚との遭遇。

ハマフエフキとの遭遇。写真のは小さいですが、もっと大きいのがゴロゴロいました。

こいつを見て思ったこと。

「突きたい!!!食いたい!!!」

赤崎にきて10分もたたずして、私は魚突きがやりたいモードに突入。

長浜へ行こうと相談し、交渉決裂おおげんか。(笑)

結果20分ほど話し合い(不毛)

強引に長浜へ☻

長浜

途中フィンで殴られたり「銛で突く、お前をな!!!」的な暴言を経ながらも入水!

ちなみに今回もマスクの関係でほとんどカメラはむっちゃんがつけてる。

ハコフグ。

ハリセンボン。

タカノハダイ。

ムッチャン、まさかのキルショット!

実はわたくし太郎、少なくとも60はあるハマフエフキを突いたのですが、すっぽ抜け。

ろくに魚突いたことなかったからあれなんですが、抜けることあるんですね、、、。

覚えておこう。てか体に穴開けておいて逃げるとか半端ねえな。若干申し訳ない。

沢尻キャンプ場

ムッチャンのタカノハダイもあるし、とりあえずキャンプ地へ戻ることに。

このさかな食べるのは4年ぶり二回目。

あまりおいしくはなかったと覚えているが、。

今回は、、?

げろまず☻(御命いただいといてすいません)

ほんと磯臭い。体中海藻のにおい。

まずウロコが分厚く剥がしにくい。

何とかそいで、塩焼きにしましたが、こいつの身、どんなに焼いても生焼け感がなくならない。なぜ。

ほんと最近おいしいお魚しか食べてなかったから、衝撃でした。ぶっちぎりの歴代ワーストワンでした。

朝まずめ

夜中そこそこ強めの雨。二年前の暴風雨と比べればまだましですが、やはりこの時期のキャンプは雨に打たれる可能性が大分高くなりますね。

朝4時くらいからジグ+ジグサビキを投げ続ける。

初魚種ゴマヒレキントキ!めちゃちっさかったけど、、。

その後エソ、エソ、エソ,eso,eso,,,,

E!S!O!

永遠のエソ。

昼くらいまでルアー投げましたが、永遠とエソです。

ルアーじゃつれないので、サビキを購入。

相方が南っぽい魚を釣りますが、なんか今回はサビキでも魚の寄りが良くないような、、。

あまり臭くないタイプのコマセをかったのがよくなかったか?

途中何回かにわか雨に襲われつつ、結局や大した獲物を得られないままキャンプへと引き返しました。

この日は周りみんなダメっぽかった。

沢尻湾

残された時間はあと半日と少し

雨で若干体は冷えているが、休んでいる暇はない。

銛をもって長浜まで行くか、キャンプ場前でシュノーケリングするか迷い、一旦シュノーケリングを選択。

二年前より海に対する恐怖が少なくなったため、割と奥まで泳げる。

すると普通にフエフキダイ!突きたい!!けどここは銛禁止🤣

手が届きそう。

ここのお魚は普段海水浴客を見慣れているからでしょうか。いつも行く日本海のさかなに比べて、圧倒的に警戒心が薄い。よくそんなかわいいやつを突こうと思えるな、ってことは置いといて。

一匹のオジサンを追いかけていたら、パーティが開かれていた。

オジサンフェスティバル

一体何匹のオジサンがいるのやら。結局今回の遠征ではオジサン食べてないんですが(二年前食べた、うまかった)この時期はおじさんもまずいのかな、、、。?タカノハダイに植え付けられたトラウマがよみがえる。

実はこの時むっちゃんがダウン中で、テントで寝ていたため、どうにかこの動画をみて元気でないかなと思っていたのですが、魚の動画じゃ回復しないらしい(うまい魚で回復するっぽい)

というわけで、若干雨降る中、次は長浜で魚突きするか!!!

長浜(一日ぶり二回目)

キャンプ場から20分ほど歩き到着。

、、少し荒れてる?

まあ波打ち際は仕方ない。多少沖に行けば。

ひええ。

ヒラスズキ目線。

海しょっぱすぎ―とかよそ見してたら、目の前にフエフキダイがいた、、、。

こんな浅いところにおるんかい!!気が抜けてた。

結局追いつけず、バイバイ。

その後必死で潜るが昨日つけたみたいなシチュエーションに陥らない。

昨日は遠くの方からゆっくりフエフキが泳いでいるのが見えて、うまく行けばコッチ泳いでくるんじゃないか?と思い、割と遠いところから潜水→丁度いい岩陰があったのでじっと待ツ→ほんとにここまで来た→目が合う→横向いてゆっくり泳いでこうとする→発射!!!!

の流れで体に刺さった(→焦って手元に寄せようとして引っ張ったら抜けちゃった)

今回も必死に追いかけるがいまいちこっちによってこない。

魚の移動方向に対して垂直に入ってしまう感じ。

なんか基本自分から追いかけるより、あっちから射程に入ってくる方がいいんじゃないかと思った。

キャンプ場前で泳ぎすぎたのか寒くなってここで終了。

でかいおじさん狙って岩の下に撃ったら激しく挟まって死ぬかと思った。めちゃ傷ついちゃった。

テントに戻り、釣果もなく、持ってったラーメン食う。さあどうしよう。

夜釣りにいこう。

夜釣りのつもりが、、

残された時間も少ない。明日の朝11時には帰りの船の中である。

そんな中おめおめと眠っていることは貧乏性の私にはできない。

若干雨がぱらつく中夜釣りに行こうとする。、、がまず風がとんでもない。テント飛びそうだし(笑)

一応堤防まで行こうということで、回復したむっちゃんを連れて歩く。がここで思い出す。

二年前の大潮×暴風の時、堤防波かぶってたな、、。わら

ちなみに今回は、、大潮×暴風(今回も、ですね☻)

一緒やないかーい!

堤防到着、様子を見ると、

やっぱ波かぶってるやないかーい(笑)

こればっかりは釣り出来ない、しんじゃうよお。

こんななか、堤防の真ん中に釣り具をおいて避難したお兄さんたちと遭遇。

タイミングを見計らって回収を図るお兄さん、そのタイミングを待ってましたと言わんばかりにうねる波、ほんと危ないとこ申し訳ないですが、おもろかったです。(笑)(ちゃんと回収できてました☻)

てな感じで、結局テントに引き返し、寝ることにしました。

朝の釣り、帰路

昨日の遊び疲れで早起き失敗。せっかくの遊び時間を無駄にしたことに対し激しい後悔に襲われながら目覚めます。

帰りの船の時間まで、二時間ほど、投げますが、この日もesoしか釣れず終了。

隣のおっちゃんがでかそうなのかけてましたが、ばれちゃってました。

結局ジャンプするか逆立ちの練習するかしか遊びを思いつない。

正直高いところからじゃんぷするの久しぶりで、ビビった。

膝のクッションの性能がおちててビビった。

感想

・二泊三日じゃ足りない

・温泉二かいお世話になりました、ここも混浴といえば混浴ですね

・荷物の量的に車で行くべき

・行き帰りの船で今年もトビウオ見れました☻

来年もまた行きたい、ここに行ったうえで他の島も行きたい。

お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事